カニの缶詰

カニは好きだけど、殻から身を取り出すのが面倒くさい。

こんな風に思われる方は意外に少なくなく、実はこの手間が要らない
カニの缶詰は、一般に考えられている以上に大人気です。

手軽にチャーハンや、サラダ、散らし寿司など、様々な料理に使える
のも良いですね。


カニの缶詰は、甲殻を取り除き、茹でられた後、残っている殻を割って
脚の肉を取り、脚肉を洗浄して整形し、缶に詰めていく…といった工程
で作られます。


また缶詰の中のカニは、耐油性のある硫酸紙で包まれており、缶に直接
触れないようになっています。

これは缶の材料の鉄にカニが触れると、カニ肉の表面に黒い点ができて、
見た目が悪くなってしまうためです。

缶詰は通常、空気が入らないように注意しながら缶に材料を詰め、100度
以上に加熱して殺菌されます。

そのため比較的、長期の保存が効くものが多いのですが、この加熱の時に、
カニの肉の中にある硫黄が染み出て缶の内側の鉄とくっつき、黒く変色
してしまうからなのです。

但しこの硫黄は、殆どの動物の肉に入っており、食べても問題は無いの
で、材料の色が濃い牛肉や魚などには、この硫酸紙は使われません。

ただ最近の缶は、熱を加えても表面から鉄が染み出てこない工夫がされ
ているため、この硫酸紙は不要な場合が多いのですが、イメージアップ
の一環として、未だにカニ缶には使われています。

またホタテやエビなど、肉の色が白い他の缶詰でも、使われていること
があります。

関連エントリー

 
Copyright (C) 北海道で人気のかに通販!蟹(カニ)のお取り寄せ. All rights reserved